五月人形展-端午の節句-

 五節句の一つ、5月5日の「端午の節句」は古代中国から伝わり、菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)によって邪気や疫病を祓う行事でした。江戸時代には「菖蒲」が「尚武」に通じるとして、男児の初節句を祝い、兜飾り・鯉幟・幟飾りなどを飾り、粽(ちまき)や柏餅を食べるようになりました。
 二川宿本陣資料館では、武者人形や兜飾り、金太郎や桃太郎、鯉のぼりなど、江戸時代から現代までの五月飾りを本陣内に展示します。
 また、地元ボランティアのご協力により端午の節句をイメージしたつるし飾りや折り紙作品も飾ります。

開催期間

令和3年4月10日(土)~5月16日(日)

関連イベント

鎧・兜を着てみよう

鎧・兜を着て本陣内で写真が撮れます。

開催日令和3年4月21(水)、25日(日)、28(水)
5月2日(日)、5日(水)、9日(日)、12日(水)、16日(日)
時間日曜日:午前9時
水曜日:午後4時
対象3歳~身長140cmまでの小学生
定員各日1組(最大4名まで)※抽選
参加料無料
※別途入館料が必要となります
持ち物カメラは各自でご準備下さい
申込4月10日(土)必着で往復はがきにてお申し込みください
「往信」面に参加希望日(はがき一枚につき1日のみ)、保護者の住所、氏名、電話番号、参加者全員の年齢と慎重をご明記ください。
〒441-3155
豊橋市二川町字中町65 二川宿本陣資料館
電話0532-41-8580